原子間力顕微鏡(AFM)のアサイラム リサーチ

製品 アプリケーション イメージギャラリー サポート 会社概要 リンク


 MFP-3D AFMを利用した、非破壊による付加質量バネ定数校正     
 



アサイラム社では、MFP-3D AFMを利用した非破壊による付加質量法、または“クリーブランド法”と呼ばれる、カンチレバーの校正技術を開発してきました。この方法は多数の研究から、カンチレバーのさまざまな校正法の中でも“ゴールドスタンダード”として認識されているものです。微小質量を数ミクロンにわたって操作することが求められるため、使用する上でやや経験を要するところがあります。

*:考案者である現アサイラム・リサーチ社の会長であるJason Clevelandの名から命名。

詳しい技術情報については資料・カタログをご請求下さい。




タングステン粒子がキャピラリあるいは静電気力
によって付着したオリンパスAC160カンチレバー。