原子間力顕微鏡(AFM)のアサイラム リサーチ

製品 アプリケーション イメージギャラリー サポート 会社概要 リンク

2012.3.1

    DNAのらせん周期がCypherで観察されました!!


DNAの2重らせんの超高分解能イメージ

ラムダダイジェストDNAの2重らせんの分解イメージ

左の形状イメージでは、らせん周期が鮮明に見えています。右の位相イメージではそれがより顕著ですが、その理由として、探針がある特定の方向に沿ってらせんのグルーブにフィットするような形状になり、結果として散逸が増大することが考えられます。イメージはCypherのACモード、振幅8Åでオリンパス製バイオレバーミニを使用して、NiCl2バッファ中でとりました。150×75nmスキャン。画像をクリックすると拡大版を表示します。




APTES処理マイカ上のラムダダイジェストDNAの2重らせんの分解イメージ

CypherのACモード、振幅1.2nmで、オリンパス製バイオレバーミニを使用し、生理的バッファ(TRIS-EDTA)中でイメージング。左は形状、右は位相イメージ。 210×105nmスキャン。画像をクリックすると拡大版を表示します。



Copyright (C) 2006 Asylum Technology Co.,Ltd. All Rights Reserved