原子間力顕微鏡(AFM)のアサイラム リサーチ

製品 アプリケーション イメージギャラリー サポート 会社概要 リンク


 充実した環境制御アクセサリー
 


加熱表面の動画イメージがとれます!
シンジオタクティク ポリプロピレンを160℃辺りで加熱溶解させ、結晶化する105℃まで放置。最上のイメージは160℃から約5分経過後の表面状態を示している。他のイメージは対応する時間後の結晶化過程を示している。5時間以上にわたり連続イメージング。80μmスキャン。サンプルはアサイラム・リサーチ社MFP-3Dのアクセサリーであるポリヒーターで加熱制御。

【ポリヒーターの仕様】
最大加熱温度: 室温から300℃
測定環境: 密封、不活性ガスパージが可能
サンプル: 12mm径
サンプル粗動: 10mm

【その他の環境制御アクセサリー】
・バイオヒータは溶液を最高80℃まで加熱保温
・湿度センサーによる湿度測定



シンジオタクティック ポリプロピレンを
160℃まで加熱溶解し、
結晶化の105℃まで放置のAFMイメージムービー。
80μmスキャン。
動画をクリックすると、拡大版をご覧いただけます。