原子間力顕微鏡(AFM)のアサイラム リサーチ

製品 アプリケーション イメージギャラリー サポート 会社概要 リンク


 MFP-3D AFM用 バイオヒーター密封流体セル         
 


バイオヒーターは、密封流体セルの設計に基づいて、液中で室温から80℃までサンプルを加熱するための、MFP-3D AFM用の温度コントロールサンプルステージです。タンパク質のコンフォメーション変化、酵素活性、リピッド相変化他のような多くのアプリケーションに理想的な製品です。


バイオヒーターは、周囲の溶液を対称的に加熱する浸漬加熱素子をもつ、密封流体セルから構成されています。流体セルは全部で10個のポートを持っています。7つは溶液とガスの交換、そしてサンプルへの電気的アクセスに利用できます。流体セルはメンブレンカバーが蒸発防止シールとして使えるオープン構成です。クランプで完全にシールしコントロールされた環境で利用することもできます。サンプルは最大2mm厚までサポートしています。ステンレス製の温度プローブはサンプルの近くまで伸びており、クローズドループで0.1℃以内にまでコントロールされます。溶液に接する材料は、ガラス、カンチレバーホルダ材料、シリコンゴム、FKM(バイトン相当O-リング)、ステンレス(温度プローブ)PEEK、そしてFEPテフロンコーティング(加熱素子周辺)です。バイオヒーター流体セルは洗浄のために完全に分解することができ、大部分の部品は超音波洗浄とオートクレーブにかけることができます。

詳しくはカタログをご請求下さい。





バイオヒーターにより、完全にシールした環境で、
液中で加熱コントロールされた実験が可能になります。




温度vs.時間グラフで、温度セットポイント(青線)、センサー(サンプル)温度(黒線)、そしてヒーター出力(赤線)が表示されています。